tenchan

                 HOME > 開発コンセプト

開発コンセプト

競馬予想に対しての「信念」
TenTechは競馬予想に対して、3つの「信念」を持っています。
「信念」とは「正しいと信じる自分の考え」です。
まぁ、そんな風に書くとカッコ良いですが、ただ頑固なだけです。(笑)

■信念その1 「他の人と同じ事をやって予想していてはダメ」
この理由は簡単です。
「他の人と同じ事をして予想をする」
      ↓
「他の人と同じ馬に印が付く」
      ↓
「その結果、いつも人気馬を狙うことになる」

決してTenTechは「ひねくれ者」では無いですが、この信念があるので他の人が
やらないような(考えもしないような)ファクター(要因)をいろいろと考案しては
深層学習(Deep Learning)にブチ込んで検証をさせて自分独自の予想方法を構築しました。

この「当たるんジャー」は​決して穴狙いのソフトでも本命党のソフトでもありません。
​他の人がやっていないような手法で予想をして、その結果「当たるんジャー」の
◎が1番人気に付くのならば「なるほど、やっぱり」と思うし
もし人気薄に◎が付くのなら「おおっ!これは美味しいかも?」と思う訳です。

■信念その2 「深層学習のファクターには、単勝人気、単勝オッズは絶対に使わない」
レース結果に「人気やオッズ」が要因として結び付いているとは思えません。
・僕は今日人気になっているなぁ。よーーし頑張るぞ!
・今日単勝万馬券で人気が全く無いからテキトーに走ろうーぜ
と思うような馬が、もしかすると中には居るかもしれませんが・・・(笑)
騎手はパドックで電光掲示板を見れば「人気になってる」と当然分かります。
複勝オッズが「1.1~1.1」だったら、なおさら緊張すると思います。
そのためその騎手の緊張度が手綱から馬に伝わってしまってレース結果に繋がっている事は
十分にあり得ます。
なのでファクターとして取り込むなら「人気になった時の騎手の成績」だと思います。
※騎手毎に期待を裏切る度合いを指数化

深層学習をする際に「人気、オッズ」をファクターとして入れてしまうと
「人気になっている馬たちは当然の事ながら、人気になっていない馬よりは成績は良い」
ので、そう学習してしまい結果的に「人気馬は好走」するという形の予想モデルが
出来てしまいます。

また人気やオッズは時間と共に変化をしますので
「いったい、いつの時点の値を入れたら良いのか?」という課題や疑問も発生します。
(例1) 出走1時間前
(例2) 締め切り1分前

なので深層学習する際のファクターには絶対に「人気、オッズ」は入れません。

■信念その3 「人の意見は、聞かない/見ない」
競馬記者の話、ネットでの情報その他いろいろ全てシャットアウトします。
これらの情報を入れてしまうと余計な先入観が出てしまいます。
また「信念その1」で書きましたが「人の意見を聞くと」結果として他の人と同じ予想に
辿り着くことにも繋がります。
馬券が的中するのも外れるのも全て自分次第です。人のせいにしてはいけません。
「自分が開発したTenPiを信じるのみ」です。

※追記
TenTechはちゃんとした理由があり調教VTRは全く見ません。
時間を掛けて見るのはその馬の過去走VTRです。
必要であれば同じVTRでも何度でも見返します。
調教に関してド素人のTenTechなので下手に調教VTRを見て
「おっ、なかなか良い走りをしてるジャン」
と直感めいたものを感じてしまうと予想がブレるので見ません。

TenTechプロフィール

性別:セン馬
馬齢:*7歳
毛色:サバトラ
所属:美浦トレセン
脚質:(勝ち)逃げ
馬主:テンちゃん
tenchan

深層学習を自分が学習中..